ただ人並みの幸せが欲しいだけなのに【2018/10/27】

あなたと一緒に生きる事ができたなら、僕は一生小作農でよかったのに。

そんな女を探しているだけなのに何だろう?

泥水をすする勇気もない癖に、『お前は俺の子を産むために産まれてきたんだ!』

を言える女に声をかけるのを怖がり、もう一人で歩けない。

↑とりあえずこれ書いときたかっただけのなので、とりま編集中。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ