ブログランキング・にほんブログ村へ

自分が打ってる台の期待値をわかって打ってますか?
パチンコ屋は確率通り当たったら、1万円負ける台だったり、2万円勝てる台というのを調整しています。
確率はやがて収束していくので、負ける調整の台を打ち続ければ負けますし、勝てる調整の台を打ち続ければ勝てますね。
いくら勝てるのかわかれば、パチンコで負ける事はなくなります。

では期待値を計算してみましょう。
その第一歩として、ベース計測をしてください。
千円で何回回るのかを計測します。

現金で打っている時は簡単ですね。
携帯に1000円で回った回転数をメモっていきます。

3000円で55回れば…
55÷3=18.3333
3000円でB18.3という事になります。

10000円で190回であればB19.0ですし、20000円で378回であればB18.9という事になします。
等価ホールや貯玉無制限ホールであれば、現金や貯玉で打ち続ければ、この方法でずっと計測し続けていけます。

やっかいなのが低換金ホールで、当たったら持ち玉で打つ場合ですね。

この場合はパチンコ屋に備え付けの計測カップを使ってベースを計測します。
まず計測カップのすり切りで何玉入るのか数えます。
お店によって違いますが、大体150~190玉入ると思います。

カップ計測の場合も現金投資時と同じようにカップ1回ずつ計測していってください。

仮に180玉入るとしましょう。
現金で打っている時は1000円辺り250玉の玉を打ち出しているので、180玉では若干少ないですね。

250÷180=1.3888

カップ計測した回転率に1.39をかけてやれば、1000円分(250玉分)の回転率になります。

さらに現金投資の回転率とカップ投資の回転率の確率分母を足して割れば、一日を通しての回転率を計測する事ができます。

慣れてきたら応用で1箱に何玉入るのか計測して箱計測する事も可能です。

【↓1日1クリック、アクセスアップにご協力ください。】
にほんブログ村 パチンコブログへ

ご意見・質問を募集しています。
下記アドレスまで気軽にメールしてください。

kuboran777@gmail.com