まだまだ現役?大海2

沖海3の登場で徐々に徐々に姿を消していってる大海2ですが、たまにすっごく美味しい調整の台を発見できたりします。

といっても普通にぶっこみを狙ってもそこまで回らないのですが、中には右打ち全開!で打つとあら不思議?

すっごく回ってしまう台が中にはあるからです。

 

あー、右打ちねー。

そんなの今更使える訳ないじゃんっ!

 

とちょっと上手い方なら思ってしまうかもしれないですが、確かに対策されてるお店の方が多いのですが、先月、等価で23.5と26の大海2をそれぞれ別の店で打ちました。

26の大海2は2週間前なのでつい最近です。

結局26回った大海2は注意されて強制終了になってしまったのですが、それでも時給3500円で13時間稼働して45000円の期待値でした。

低換金の沖海3で時給1500円くらいで稼働してるプロ(おっちゃんに多い)をよく見かけるのですが、ミドルスペックで時給1500円だとバカバカしくてやってられません。

何が言いたいのかと言うと、大海2が甘いから良いですよ!って事ではなくて、一つのお店を回る時に、引き出しが多ければ複数の機種の中から使えるか使えないのか判断出来るし、豊富な選択肢を持てて稼働出来る絶対量が増えるんですよね。

探してすぐ見つかるかといえば、そんなに簡単ではないと思うのですが、意識して見てなければ、時給3500円の台の存在を知らずにスルーしてしまってたと思うんです。

立ち回りの引き出しを増やしてみる事は大事だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ